teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


訂正

 投稿者:まっさん  投稿日:2018年 7月16日(月)23時33分35秒
  鳥類は蝶類の誤りです。  
 

阿蘇中岳、高岳

 投稿者:まっさん  投稿日:2018年 7月16日(月)23時29分39秒
  朝8:00に阿蘇山西駅に到着。実はこの度の水害で九州自動車道の不通と、阿蘇の迂回のプラスを考えて4:30に家を出ました。砂千里駐車場への有料道路のゲートは閉まったままで、歩こうかとも迷いました。45分おくれの四季山遊会のお知らせは、予定を考慮して既に睡眠中ですので、知る由もありませんでした。次々に有料道路を使用しない登山グループが列をなして、通り過ぎてゆきます。鹿児島の福永美子さん共々思案しながら、石田リーダーとの連絡でやっと結着しました。
雄大な阿蘇の景観はその遮るものの無い暑さにもまして、ダイナミックな自然の成り立ちをまざまざと見せつけてきました。火山弾の埋まった泥岩は、さながらチョコレートチップクッキーでした。まだ地層の柔らかいホルンフェストは、ムースを挟んだティラミスを途中でお皿に移すときにうっかり歪んでしまったようでした。阿蘇のなだらかなカルデラの曲面に、鋭利な地層の割れ目と、急速に冷却された荒々しい溶岩の岩が続き、はたまた火星の大地のような砂漠が所々に迎えてくれました。
背丈の低い樹木(ノリウツギ、ミヤマキリシマ、イタドリぐらい)しかない山頂部に鳥類はほとんどいませんでした。つまり天敵のいない昆虫類にとっては、敵は昆虫類しかいないのです。フレンドリーで人間を天敵と思っていない鳥類や昆虫はとても私たちを癒してくれました。ヒグラシゼミやアサギマダラは普通に人間にとまってくれるのです。
セミはフェロモンなのか、汗臭いみんなのなかでも、池水さんだけをより好むのです。それも脇と胸を一番好むのです。よりによって3匹ですよ。隣りの私には全く寄り付きません。
アサギマダラはフジバカマやシモツケをよく好むのですが、これを食することによってピロリジジンアルカロイドという毒素を体内に蓄えることで天敵から体を守っています。もしかしたら、この蝶にとまられて男性二人には隠された秘密があるのかもしれません?あくまでも推理です。
ザックにとまったセミを「今カレよ」と噂する仲間の内緒話に、「おいで!」と声を大きくするオバサンたちの会話を後ろで聞いてちょっと恐くなりました。
だれも熱中症になることもなく、楽しい登山ができました。
みなさん、ありがとうございました。
登山以外の楽しい発見ができて、また楽しく生きてゆけそうです。
 

阿蘇中岳・高岳

 投稿者:ぼんちゃん  投稿日:2018年 7月16日(月)21時35分47秒
  5月以来の山行。仕事三昧?!の日々に以前行った阿蘇中岳・高岳の火星のような風景を見たくて、照りっ照りっの暑さを想像しながらも申し込みました。行く道中の阿蘇の風景も自然がいっぱいでドライブも楽しめました。照り照りの暑さは、そうでもなく、雲のおかげで涼しい陰や涼しい風も・・・。もちろん照り照りの日差しも・・。緑と茶色と自然もたっぷり満喫・・。帰りの砂千里も良かったです。他の登山者もけっこう多くて、みんなこんな暑いのに登ってるんだな、すごいなと感心!あと、久しぶりの福岡会。いろんな人と出会えて刺激になりました。北アルプスの話を聞いてたら、行きたくなったり・・。両リーダー、参加のみなさん、ありがとうございました。あっ、新しい特技「虫寄せの術」?は、私も初めてで、忘れられない思い出と笑えるみやげ話ができました。
昨年、台風で中止になったくじゅうテント泊・・・、アップ待ってます。(ちゃっかりリクエスト?!)
 

阿蘇

 投稿者:rika  投稿日:2018年 7月16日(月)16時36分40秒
  久しぶりに見た阿蘇の姿は、何か元気のないように感じられましたが、
昼食を食べた天狗の舞台横では、トンボが乱舞、
また、アサギマダラ、セミがたくさん飛んで(人に止まって!)いて、命の息吹を感じることができました
心地よい風で気持ちよく、景色を楽しみながら、歩くことができました。
石田リーダー、平山リーダー、ドライバーの堀内さん、参加者の皆様、楽しい1日をありがとうございました。
 

タウンミーティングの報告

 投稿者:事務局  投稿日:2018年 7月 9日(月)07時30分36秒
  2018年タウンミーティングを、6月24日福岡、7月1日鹿児島に於いて開催し、 2017年度活動報告、会計報告、課題の検討、夏山登山の注意点・参加規約の確認を行いました。

参加者はあまり多くはありませんでしたが、各課題について参加の皆さんにご検討いただき、様々なご意見を伺うことができました。

今回の運営見直しで、変更になる項目も多くあります。
以下、ご確認ください。変更事項につきましては7月1日より適用します。

◆メンバー表◆
これまで2007年以降の参加者全員をメンバー表に載せていましたが、スポット企画に1回のみ参加、あるいは10年間不参加など、メンバーの把握が難しくなっています。今後は2016年4月以降参加のメンバーのみ掲載、その後参加があった場合はこれまでのデータを反映して掲載します。

◆写真送付◆
参加者への写真送付については、以前より不要ではないかとの意見が多くあったため、今後は参加者への写真送付はしません。山記録や画像掲示板でお楽しみください。

◆地図配布◆
山行の際、地図の携帯は必須です。四季山遊会は引率型登山サークルではなく自主型登山サークルです。これまで地図はリーダーが準備していましたが、登山靴・雨具・防寒具・昼食・非常食・飲料などと同様、必須装備として各自準備するようにしましょう。
なお、初心者コースや企画内容によってはリーダーが準備する場合もあります。

◆会費◆
写真送付・地図配布を廃止するため、会費を300円に変更します。
(タウンミーティングでは、会費据え置きとしていましたが、事務局で再検討の結果会費値下げに決定しました)
リーダー負担となっている下見費用支払いのため、来年度以降は再度変更になる可能性もあります。

◆バス及びバスレンタカー◆
2017年度、バスの修理費が予想以上となり、運営が非常に厳しい状況です。このため、バス基金をバス会計に繰り入れます。今年度は、会のバスとバスレンタカーを併用し、利用者の反応や1年間の会計データを基にバス所有については来年度再検討します。

バス基金は、バスの購入、修理、その他バスの運営に必要な経費等にあてるため2007年9月に設立した基金です。バス基金についての詳細は左「お知らせ」から内容をご確認ください。

※なお、バス基金カンパにつきましては、現在受け付けていません。

◆バス料金◆
バス運転手諸経費(メンテナンス含む)増のため、バス料金を2割程度値上げします。

◆テイクワン活動◆
山行の際は、最近忘れがちな「テイクワン(落ちているゴミを1個拾う)」を心がけましょう。

不明な点は、事務局までお問い合わせください。
今後とも皆さんのご理解とご協力をよろしくお願いします。

四季山遊会 代表 武藤 尚子
 

鹿児島会、TM&懇親会

 投稿者:あんこ  投稿日:2018年 7月 2日(月)00時37分15秒
  TM(タウンミーティング)に参加の皆様、お疲れさまでした。
武藤さん、遠路ご足労いただきありがとうございました。
会のいろんな課題について忌憚のない意見を交換できたと思います。会の運営をスリム化していく方向性が見えたようです。

後半のKさんの日本百名山達成に関するお話は興味深くお聴きできました。ありがとうございました。

第二部懇親会は、少しメンバーが変わりましが、初参加のCご夫妻をはじめ皆様との楽しい雰囲気で盛り上がりました。楽しいひと時でした!
 

↓ 雷対策

 投稿者:あこ  投稿日:2018年 6月25日(月)10時43分55秒
  りかさん、タウンミーティングでの宿題をありがとうございました。
しゃがみ方がポイントですね
 

雷 対処について

 投稿者:rika  投稿日:2018年 6月25日(月)06時03分34秒
  参考まで

https://car-rider.jp/weblog/%E8%B1%86%E7%9F%A5%E8%AD%98/%E8%90%BD%E9%9B%B7%E9%81%BF%E9%9B%A3%E6%96%B9%E6%B3%95/

http://www.aobaya.jp/chishiki.html
 

九千部岳

 投稿者:すえ奴  投稿日:2018年 6月19日(火)11時37分15秒
  途中ほとんど眺望のない樹林帯を心地良い涼風に吹かれながら登って登って、、、突然開けた眺望! 山肌を白く埋め尽くすヤマボウシに感動!!
写真を見た友だちにも「こんな群生は見たことがない」とうらやましがられ、「じゃあ、山に行く?」とちょっと自慢気。
頑張って登ったからこ見ることのできる景色、これからもたくさん見たいなと思いました。

企画いただいた中川リーダー、武藤リーダー、ありがとうございました。ばっちりベストタイミングでしたね♪
堀内ドライバー、元気のでるバナナに冷たいゼリーごちそうさま&長距離の安全運転ありがとうございました。
参加の皆さま、数々の差し入れはじめお世話になりました。鹿児島から参加の3名さまも遠路お疲れさまでした。
 

九千部岳

 投稿者:hiro  投稿日:2018年 6月19日(火)10時48分53秒
  初めての九千部岳、天気も良くヤマボウシと遠くに見える平成新山の組み合わせにも感動。
晴天であるにも関わらず、木陰を歩く登山道で暑さも半減し快適でした。
下山後の冷たく冷やしたゼリー、堀内ドライバーご馳走様でした。
今回企画された中川リーダー、武藤リーダー、参加の皆様、お世話になりました。
 

レンタル掲示板
/509