teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


竜王・矢岳

 投稿者:みぽりん  投稿日:2019年10月 6日(日)23時53分8秒
  参加の皆様お疲れさまでした。
3年ぶりの竜王・矢岳の企画コースを定員15名の満員御礼で、元気よく出発。心地良い秋のそよ風のせいかスタートからややテンポが早かったような・・Y時の分岐からは、結構すすきが茂っていてプチやぶ漕ぎ・・途中の河原は台風や大雨の影響かまたまた様変わりしていました。
三年前に同じルートを歩いた時は、確かヤマボウシの食べごろで参加者皆で夢中で食べた記憶がありましたが、今日はその場所もわからずに残念でした。途中ずっとヤマボウシの実はあったのですが、青かったりオレンジだったりで食べごろでは、なかったようです。
竜王で少し早めのランチタイムをとり矢岳に向かう途中もすすきが背丈ほどありました。お目当ての「見返り草」花が少し少なく感じ白い花はみあたりませんでしたが何とか間に合ったようです。お天気に恵まれ皆さんとわいわいがやがや楽しい一日をすごせました。ボランティア車の皆さん往復の運転もお疲れさまでした。ありがとうございました。福岡から参加のIさん思いのほか少しハードだったようですが十分に足のケアをなさってくださいね。又、どこかの山でご一緒できる日を楽しみにしています。
 
 

竜王・矢岳

 投稿者:福り  投稿日:2019年10月 6日(日)21時32分6秒
   参加の皆さん、お疲れさまでした。
午前中は、やっと秋らしくなった風を感じながら、十数年ぶりに見返草の群生地に登りました。
以前より随分と花が減っていて淋しい気もしましたが、花も周りの木々も成長・衰退して徐々に自然も変化していくのだなぁと感じることでした。
 見返草、ツクシコウモリ、つるニンジン、背丈以上のススキ と秋を満喫し軽快に歩くことができ、楽しい一日を過ごすことができました。
 小倉リーダー、橋野リーダー、ご一緒できた皆さん、ありがとうございました。
 では、また次の山でお会いしましょう!
 

カリカブトの毒

 投稿者:なかまさ  投稿日:2019年10月 1日(火)12時32分39秒
  さすが! まっさんサン。
詳しい説明ありがとうございます。
みんなでワイワイとお花撮影してたとき、ハチがとまってて気になりました。
そうなんですねー。トリカブト、綺麗なのにコワイですね。
 

トリカブトの毒性

 投稿者:まっさん  投稿日:2019年10月 1日(火)09時38分14秒
  なかまささんへ:
トリカブトの花粉にも毒性は含まれております。
トリカブトの毒性物質アコニチンは全草に含まれています。
よく困るのが養蜂業者で、花粉・蜜にも毒性が含まれているため、
トリカブトの開花時期には蜜の採収を終えるそうです。
昆虫は哺乳類や鳥類と神経の働きが異なるために、毒性を発揮しないようです。
トリカブトの花粉は少ないので、しっかり蜜のある奥深いところへ入ってもらうために花弁に特徴がみられるようです。
なお、毒矢(鏃に毒を塗ったもの)で仕留められた動物を食しても、動物の体内で変化されて無毒化されてしまっているので、大丈夫だそうです。
漢方では附子(根の小芋)をよく用いますが、焙じて毒性を弱めて利用します。
しかしその灰に埋めた加熱状況判断が難しいので、現在薬用生薬として利用されてい焙附子は茹でて処理されたものがほとんどのようです。
 

京丈山

 投稿者:なかまさ  投稿日:2019年 9月30日(月)19時27分50秒
  京丈山に参加の皆様お疲れ様でした。
多少の雨は覚悟していましたが、やっぱり振られましたね。
でもランチの時以外はそれほどでもなく、幻想的な時間に包まれて幸せでした。
トリカブトにも何とか間に合って良かったです。
小さなハチが花粉を取ってたので花粉までは毒ではないのでしょうね~
参加の皆さんと楽しくおしゃべりしつつあっという間の時間でした。
ありがとうございました。
遠く狭い道も何のそので運転してくれた堀内さんにも感謝です。

また次の山でお会いしましょう♪

 

京丈山

 投稿者:ほうまん  投稿日:2019年 9月30日(月)16時03分28秒
  天気は登山にはあまりよくありませんでしたが写真家としては土砂降りでなく濃霧の登山は最高でした
インスタグラムのhouman.no1とYAMAPのほうまん(京丈山で検索)で写真を上げていますのでよかったら鑑賞してみてください。
これから紅葉の時期になりますが山遊会で企画していただければ参加したいと思います。


 

京丈山

 投稿者:石川  投稿日:2019年 9月30日(月)09時43分45秒
  なかなか自力では行くことのできない九州脊梁
山遊会の愛車と腕利きの堀内ドライバー、そしてきちんと下見をしての安全登山を先導していただいた中川リーダー、平山リーダーのチーム力あればこそでした。
骨折後初めての本格登山でしたが、無事に楽しく終えることができ、皆様に感謝です。
小雨交じりで視界不良でしたが、その分おしゃべりと足元に集中することができ、
随所で出会うトリカブトやあけぼの草、苔むした岩場の雰囲気は、登ることだけでは無い山の魅力に気づかせてくれました。
四季山遊会、ありがとう。
 

京丈山

 投稿者:HAL  投稿日:2019年 9月30日(月)09時19分17秒
  京丈山と書いて『きょうじょうやま?』それとも『きょうたけやま?』かな思っていたら
正解は『きょうのじょうやま』だと知りました。
きょうのじょうと言う山があるのなら、あしたのジョーと言う山も何処かにあるのでしょうか。

個人で運転して往復するにはチョット遠い山、山遊会のバスのありがた味を再確認しました。
家族の事情で暫く山から遠ざかっていましたが、いつ参加しても良い雰囲気で迎えてくれる四季山遊会に感謝。
 

京丈山

 投稿者:rika(三好)  投稿日:2019年 9月30日(月)06時19分52秒
  京丈山の山頂近くには、たくさんの大きなトリカブトが自生していて、びっくり!
花の最盛期でしたら、どんなに美しかったことでしょう。
でも、小雨の中、最後の力を振り絞って咲いててくれたトリカブトも、幻想的でした。

九州脊梁の山は遠く、気軽には行けませんので、連れて行って頂き、本当に感謝です。
中川リーダー、平山リーダー、安全運転で飛ばしてくれた堀内ドライバー、参加者の皆さん、ありがとうございました。
 

15周年記念イベントの報告

 投稿者:事務局  投稿日:2019年 9月29日(日)01時44分14秒
  台風17号の影響でギリギリまで心配された15周年記念イベントでしたが、57名の方にご参加いた
だき、無事「祝賀会」を開催することができました。

遠方から参加いただいた旧サポーターの皆さん、お忙しい中この日を楽しみに参加いただいた皆
さん、また、参加できずとも各地からお祝いやメッセージを送ってくださった皆さん、たくさん
の方に15周年を祝っていただき、ありがとうございました。

祝賀会当日の台風17号通過で、翌日の俵山山行は実施できず熊本観光となりましたが、益城町の
祝賀会会場ホテルでは熊本地震当時の様子をお聞きし、被災地の皆さんのご苦労を改めて知るこ
とができました。被災した熊本城の修復の様子も見ることができ、意義のある観光だったと思い
ます。

15周年という節目の年を迎え、四季山遊会は、これまで以上に安全な山行を心がけ、初心者が安
心して飛び込める会であるよう、努力してまいります。

今後ともご理解とご協力いただきますようよろしくお願いいたします。

なお、今回15周年を記念して、会のロゴワッペンを作成いたしました。
祝賀会に参加できなかったメンバーの皆さんには、企画参加の際にお渡ししたいと思います。
楽しみに企画にご参加ください。

四季山遊会 代表 武藤


*お願い*

15周年行事の記録を残しますので、画像掲示板への投稿、掲示板への投稿をお願いします。
 

レンタル掲示板
/553