teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:80/5344 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

NPO法人屋久島うみがめ館「クラウドファンディング」御協力の御願い

 投稿者:うえだ  投稿日:2019年 3月20日(水)05時29分1秒
  通報
  スポットリーダーの上田博文でございます。
現在、私は屋久島町永田にあります「NPO法人屋久島うみがめ館」理事を務めております。
昨年度、人手不足や旧代表大牟田一美の体調不良により当法人「解散」の苦渋の決断を致しました。
しかしながら先日2月23日定時社員総会におきまして活動を継続する旨の討議を行いました。当法人が解散した場合、ウミガメの保護と調査が後退し、将来、ウミガメの減少に繋がっていくことが判明すると共に屋久島町が、エコツーリズム推進法、地域自然資産法の導入により2020年に町を事務局とした新たな組織作りをするために当法人が必要(調査・保護・啓発・観察会スタッフの研修等)とのことで、継続依頼の申し出がありました。また、新たな組織で得た資金の一部を当法人の調査・保護活動の運営資金に充てることも約束しました。 当法人が、新組織に果たす役割は非常に大きいとのことで、新組織に加担することになりました。 しかし、町の政策が大幅に遅れ、2019年から前倒しで、町の指導の元、ウミガメの調査と保護を前提にしたウミガメ観察会を行う予定でしたが、残念ながら遂行することはできなくなりました。2020年から予定している エコツーリズム推進法による法的な組織作りは、予定通り遂行する旨を屋久島町は約束しましたがその結果、2019年度に当法人の調査・保護に充当される予定だった費用がなくなり、運営資金が足りなくなりました。人材は揃ったのですが、来年度は資金不足で解散する可能性も出てきました。 当法人としては、ウミガメ保護のことを考えると解散するわけにもいかず運営資金を確保するためにクラウドファンディングを開始しました。
https://readyfor.jp/projects/yakushima-umigamekan

この「四季山遊会」の掲示板を通じ皆さまにお願い致します事は特定団体の利益活動の一部である事は否めませんが、同じ九州の活動拠点であると共に「自然保護の観点」と捉えて頂きたく存じます。
屋久島においては世界遺産登録後、「縄文杉」をはじめ多くの自然が保護の観点から逸脱し観光資源としての「利用」が先行し、ウミガメの問題だけでは無く多くの課題に真摯に取り組む必要性に迫られようやく行政が動き出しましたが、先日善意の「入山協力金」が職員による横領事件発覚などもあり町のずさんな管理体制など厳しく指摘されています。前途多難な状況ですが、継続に向けて努力をしていく所存です。 皆様方のご協力をよろしくお願いします。

特定非営利活動法人 屋久島うみがめ館  理事 上田博文
http://www.umigame-kan.org/
御意見、御批判、お問い合わせは私でも構いません。
sukiyaki-1971@docomo.ne.jp;
 
 
》記事一覧表示

新着順:80/5344 《前のページ | 次のページ》
/5344