teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


大島山林のキノコたち、そして

 投稿者:幌内川のたまちゃん  投稿日:2018年 9月25日(火)20時04分40秒
  9月22日(土)、雨天の中、小山さんにキノコのレクチャーを受けました。
ハタケシメジとボリボリを収穫できました。森と雷様の贈り物、と有り難くいただきました。

そして、タマゴタケモドキも発見? この種類は毒性が強いとか。
短い間ですが、大島山林の“掃除係”、キノコたちを楽しむことができました。
(写真は改めてアップします)
 
 

キノコ勉強会、レポートお願い

 投稿者:take  投稿日:2018年 9月22日(土)11時32分22秒
  雨はしのげて
大収穫のようですね。レポートお願いします。

いま、札幌のセミナー参加中。
 

もうすぐ雨模様か?

 投稿者:take  投稿日:2018年 9月22日(土)06時18分45秒
  おはようございます。kaiさん、お大事に。

キノコの食毒判別会の予定日ですが、

天候が微妙です。講師のoyamaさんは、一応現場に行くようです。

雨の強さによりますが、キノコが出そうな環境になってきたとのこと。

19日、林道で小さなボリボリの株が見えました。

http://hayashi-kokoro.com/

 

明日もお休みします

 投稿者:Shuken  投稿日:2018年 9月21日(金)21時50分14秒
  ランニング中に転んでしまい、商売道具の手を擦りむいてしまいました。
化膿すると商売に差し支えてしまうので、申し訳ありませんが、お休みします。
 

シカの食害試験地の調査

 投稿者:take  投稿日:2018年 9月19日(水)07時01分53秒
  朝5時の雷雨のあと、雲のない快晴へ。

今日は大島山林のシカ食害試験地のGPS調査です。

皆伐した小区画で、萌芽と実生の分布をGPSでプロットとして落とし、

食害がないことを確かめます。oyamaさん、inabaさんとわたしの3人です。

蚊がいなくなっていればありがたいのですが・・・。

http://hayashi-kokoro.com/

 

kaji さんは22日午前に引き取り

 投稿者:take  投稿日:2018年 9月17日(月)09時13分34秒
  下の記事のkajiさんの薪引き取りは、9月22日午前と

なりました。わたしは仕事でいませんが、どなたかご案内ください。

キノコの食毒判別会で、皆さん、キノコ採集に行っている頃かも。

でもどなたか、近くにいますよね?!

http://hayashi-kokoro.com/

 

新会員、kajiさんの薪

 投稿者:take  投稿日:2018年 9月16日(日)04時55分57秒
  コモンズのテント用の薪をヨッコ(写真手前)した残りの1棚を、新会員の

kajiさんに分譲します。2枚目の写真のように表示してあります。

9月末頃、引き取りの予定。

http://hayashi-kokoro.com/

 

小屋は大被害

 投稿者:take  投稿日:2018年 9月16日(日)04時53分2秒
  総会前の、恒例の小屋掃除のつもりが、小屋の中はグチャグチャ、周りは

風倒木、かかり木。がっちりした仕事になりました。

小屋はinabaさん、oyamaさんが精力的にクリーンアップしてくれ

見違えるようになりました。詳細は雑木林だよりをご覧ください。たよりは

惨状を描こうとしたあまり、人が映っていませんが、ちゃんといます(笑い

よく働きましたが、後半はinabaさんにおんぶして、abe oyama kusaはテラスで

座ったままでした。(-_-;)

http://hayashi-kokoro.com/

 

風倒木があるかも

 投稿者:take  投稿日:2018年 9月15日(土)06時26分3秒
  委細、了解です。万事うまく進むことを祈ります。

小屋周りも風倒木があると思うので、チェンソーを持っていきます。

大島山林は量がおおいのでまずは薪割り、薪積みですが。

発電機用の生ガソリンは多少あったような気もしますが、なければ

上厚真農協で。

http://hayashi-kokoro.com/

 

本日義母の手術でした

 投稿者:Shuken  投稿日:2018年 9月14日(金)21時29分58秒
  実は先週手術のはずでしたが、停電で延期、今日手術してきました。
明日は処置しに行かねばならないのでお休みします。
 

明日も出社

 投稿者:tomi-k  投稿日:2018年 9月14日(金)14時42分43秒
  電力不足が少し解消し、工場運転のため会社です。
日曜日は何とか休めそうです。
 

ではまず静川の小屋に行きます

 投稿者:Inaba  投稿日:2018年 9月14日(金)14時36分59秒
  重曹、雑巾、水持って行きます。
発電機用のガソリン大丈夫でしょうか?
 

明日の予定

 投稿者:take  投稿日:2018年 9月14日(金)09時36分23秒
  おはようございます。今日は振替休日で休みのため、4連休初日、となりました。

明日の予定ですが、9月24日の総会を前に、海上である静川小屋の掃除と、周辺整理、

必要ならば煙突チェック(蜂の巣)もしましょうか。そして、キノコの観察。

午後は大島山林で薪積み、ブルーシートかけ、など。(薪割りも残っています)


なかなか片付きませんが、いつか必ず終わります。

http://hayashi-kokoro.com/

 

4棚、修復?!

 投稿者:take  投稿日:2018年 9月10日(月)15時45分58秒
  kuriちゃん、感謝。

shunkenさん、御意。

CCSはまじめにアセスをしたのか、気になります。
事業説明会だけでは、だめでしょう。市役所のロビーにCCS解説パネル
などが陳列されていましたが、これから市民の不安な意見や疑義がぐんと
増えるはず。

http://hayashi-kokoro.com/

 

kuriさんお疲れ様でした!!

 投稿者:shuken  投稿日:2018年 9月 9日(日)23時12分1秒
  kuriさん
お疲れ様でした!! 札幌からだと、あの東区の波打った道を見たあとに、清田区の液状化ニュースを見てしまうと、清田区を通らないと安平に行けないので、向かう気になれないでいます。すみません。

下記長文について
科学雑誌にも投稿されているとのことですが、科学雑誌に投稿して査読が通るレベルの論理的な文章になっていないので、投稿しても掲載されることはないでしょう。科学ではなく、書かれてもいますが、オカルトのレベルであると思います。是非、科学的・論理的な思考をしていただいて、ご自身の考えを証明していただきたいものです。
 

今日の作業

 投稿者:kuri  投稿日:2018年 9月 9日(日)20時21分29秒
  皆さん無事で何よりです。自分は先週仕事で厚真町に行っていてテレビで映る崩れた道を通ってました。今日は仕事休みだったのでボランティアに行こうと厚真に向かいましたがまだボランティアの受け入れはしていないとのことだったので遠浅で薪の積み直しを午前中やってきました。たぶん4棚位直しました。ブルーシートは1人なため適当に被せたので後日修正願います。  

CCSと地震について

 投稿者:take  投稿日:2018年 9月 9日(日)08時32分55秒
  昨年、6月13日に、私宛にこんなメールが届いていることはお知らせしたかと思います。
当方はこの任にナイトの判断で、ご辞退しています。
念のため、送信者の名前を抜いて再掲します。地下のことを考えるのに、なにかヒントが
あるかもしれません。このメールの1週間後、早来で直下型大地震がありました。


=====
NPO法人苫東環境コモンズ
事務局長 草苅 様

 突然のメールで失礼します。苫小牧市役所の登録NPO法人リストより、環境保全に興味のある方を調べさせて頂きました。
 私は作家で科学関係の本を書いています。科学の関連では地震と噴火の予知に興味を持っており、2011年の東日本大震災も予知が可能だったというデーターを公表しています。科学誌にも投稿したことがありますが、こちらが先史文明の存在までを別の論文に書いている関係で、簡単には掲載されないと思っています。
 日本の地震には今苫小牧で行われているCO2貯留実験など、長岡や雄勝で地震の原因になっている物があると考えています。これまでは長岡の実験施設から16kmや22km離れた場所で地震が起きた原因を特定出来なかったのですが、今年の5月になってやっとその理由が明確に出来た所です。
 難しい話になってしまい恐縮ですが、構造線と呼ぶ土地の動く場所に大きな力がかかるので、この最も力のかかる場所での地震が中越地震であり、その後の中越沖地震でした。CO2貯留実験の注入したCO2ガスの拡散が地殻の強度を劣化させて最後に力のかかる弱い所が崩壊したという話です。
 同様に苫小牧の状況を考える時に、非常に地震が起きやすい状況が既に起きており、CO2ガス(超流動体)の注入によって既に石狩低地東縁断層帯の南側の断層が動いてしまっています。昨年11月26日のことですが、M2クラスとはいえ4回も数分間に連続しています。この地震に対する評価をしているとは思えない状況で苫小牧ではその後もCO2ガスを4万トン以上地下に注入しており、ますます断層が動く可能性を高めています。

 こちらはHPを情報発信に使っており、この関連の記事は以下のアドレスです。

活断層に起きた地震を隠す悪質な苫小牧のCO2貯留実験 6月6日
(略) @DB_ID@=526

中越と中越沖地震の発震メカニズムについて 5月25日
(略) @DB_ID@=521

 石狩低地東縁断層帯の断層が動くと、最大ではM7.7もの大きさの地震が起きる事になります。実際にはここまでの大きさになるかは分からないのですが、少なくとも断層を南側から動かしているのが今の状況であり、大きく動くと大きな被害になるでしょう。その上には石油貯蓄施設まで建てられており、非常に心配な状況です。
 この地震はいつ起きてもおかしくないのですが、前例の中越や中越沖地震の様にCO2注入開始から数年での発震になると思われます。苫小牧では昨年4月の注入開始から半年強で断層を少し動かしており、この後大きな地震になる可能性を高めているのです。

 このメールでお願いしたいことですが、現状を市役所に伝える上で、苫小牧の市民の声として動ければと思いました。部外者のこちらが押しかけても話を聞いてもらえないかも知れないので、単に市民の苦情のレベルで良いので市役所に詳しい話をしたいのです。断層が既に動いている部分は本来今後の動きを恐れて良いはずです。行政と業者がこの断層の動きをどの様に評価しているのかを明確にさせることが出来れば良いと思います。
 法律に則って告訴するなどの動きは今の時点では考えていません。地震はすぐに起きる可能性もありますし、1年後かも知れません。ここが明確にならないので動きにくいのですが、少なくとも苫小牧のCO2貯留実験が既に憂慮すべき石狩低地東縁断層帯を動かしてしまっており、市民はこの断層の動きに備える必要があるという情報を流すべき状況と個人的には考えています。
 行政がどこまで動くかは未知数ですが、こちらが市役所に情報を伝えた部分が明確に記録出来れば、地震が起きた後には行政と業者の双方に、市民が責任を問える形を明確に作れるでしょう。この時には市役所への説明を録音した物を公表する程度で十分です。
 11月26日の断層地震に対する見解を求めると、業者側の御用学者が出て来るかも知れません。その説明と対処にはよろしければこちらから説明に伺います。彼らは嘘で説明するのですが、こちらは地震予知の科学で答えます。

 よろしければ苫小牧に伺わせて頂き、市役所への説明に同行をお願い出来ないでしょうか。まずは草苅様に説明をさせて頂きますので、その内容にご納得頂ければ同行をお願い出来ればと思います。単に情報を市役所に説明する上でのご紹介を頂くレベルでも結構です。
 突然で手間のかかるお話しをお願いして大変恐縮です。苫小牧でも2004年の中越地震や2007年の中越沖地震の様に人的被害まで起きる可能性のある状況です。この関連に興味のある方をご紹介頂くだけでも結構です。苫小牧の市民の方が業者の利益の犠牲になる必要はないはずです。行政を動かせるかは分かりませんが、11月26日の断層地震はCO2貯留実験由来であり、この影響を評価しない業者は問題ですし、監督する行政も責任があるはずです。
 こちらは手持ちの資金がなくて苫小牧に伺う寄付をお願いしていました。手持ちに往復する分が借りられたので、苫小牧の市役所に責任を明確にする話を出来ればと思います。ほとんど動くことのなかった断層が動いたのにこれ以上動かないというのは、今の地震学者でも断言は難しいはずです。これは無視してはいけないレベルの前兆地震なので、市民の皆さんの被害を減らす為にも行政にまず状況を説明できればと思いました。

 こちらのHPにはこれ以外にも様々な情報が載せられており、一般にオカルトに分類される物になります。こちらは科学として自信を持って進めている物が大半です。
 普通の方にとっては地震は偶然起きる物と考えられるはずです。実際の地震には意図が込められている物がたくさんあり、震源地の位置から特定の場所を距離や角度を調整して指し示したりします。距離を日時で割り算すると特定の日にちになる様に調整まで出来るのです。信じられないでしょうが、統計的現実なのです。
 この手法で様々な事を教えており、北朝鮮のミサイル発射の前兆を教えています。霊を信じる方なら分かりやすいのですが、監視しているのでこれが可能な様子です。2月以降のミサイルは大半を当てられています。
 同様にして地震も当てさせてくれれば良いのですが、3回連続して外されています。その代わりに中越沖の地震の仕組みをこちらに教える地震をこの時期に起こしています。その結果で今回ご紹介している記事を書いていますし、苫小牧の状況を調べたのもその進展故でした。
 苫小牧の地震の可能性は現状で6月17~25日を指し示しています。ここで地震が起きなくてもこの後も7月21日までは警告を引きずると思います。
 3回も外しているので普通に考えると可能性は低いですが、当てる時は当てる部分があるので対処が重要になっています。2016年の10月8日に何かあるとされていました。この時に阿蘇山の噴火が起きています。今回は樽前山の噴火にも注意をしている状況です。この噴火は断層を大きく動かすきっかけになります。

 この様に書くと大げさな話で恐縮ですが、昨年11月26日の断層地震が今後の地震につながらないかを市役所に確認させることが非常に重要だと思います。このお手伝いをさせて頂けないでしょうか。被害で困るのは苫小牧の市民の方であり、こちらは弱者と言うべき立場の方の為に出来る事をしたいのです。
 このCO2貯留実験に疑問を感じている方など、どなたでも結構ですので、市役所に情報を伝える橋渡しをお願い出来る方をご紹介頂けないでしょうか。
 ご検討をお願い致します。可能であれば6月15、16日で苫小牧まで伺わせて頂きます。

=====

http://hayashi-kokoro.com/

 

各ご連絡、すべて了解、そしてNPO会員へお知らせ

 投稿者:take  投稿日:2018年 9月 8日(土)17時00分0秒
  メンバー& 関係者の方々、無事で何よりでした。

掲示板の機能上、基本的にレスを省いていますが、すべて了解です。


《お知らせ》

①遠浅は、断水中で、ローソン界隈はいまだ停電(9/8 am 1:00)
 右田さんは昨夜、通電が済んで、断水のみ。遠浅公民館には
 救援隊が在駐、炊き出し展開中=現地は復旧途次

②abe@atsumaさんは、今回、震度7の激震に見舞われ、幌内ダムの
 決壊に備え、避難中

③厚真のsaitoh元会員は無事

④来週以降の山仕事は状況省察のうえ、調整と変更の要がありますが、
危険な風倒木は特にありませんので、風倒木処理、枝折れ(多数)、
枝拾いはさておいて、後日に回し、薪片付けを先行したいところです。

⑤明日9日は、NPOとしての合同活動はありません(自由個人参加)

⑥ローソンは開いていますが、9/8食べ物(昼食等)はありませんでした

http://hayashi-kokoro.com/

 

土日は出勤

 投稿者:tomi-k  投稿日:2018年 9月 8日(土)16時00分6秒
  地震対応で会社です。
明日も出社するので活動出来ません。
 

全壊ではなく半壊

 投稿者:take  投稿日:2018年 9月 8日(土)14時08分52秒
  こんな状態です。ソフトバンクの電波がまつたくあてにならず、昨日はかなりの時間が圏外で右田さんと不通でしたが、今日、薪小屋で安平と遠浅の様子をききました。薪は手直しすれば大丈夫、やつてみたら、リカバリーは簡単に出来そう。
林道を点検したところ、意外と風倒はなし。しかし落ち枝がすごい。
 

レンタル掲示板
/164