teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:24/1291 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

Re: メール便

 投稿者:委任者被害者  投稿日:2014年 3月31日(月)00時11分13秒
  通報 返信・引用
  > No.3276[元記事へ]

弁護団には、高い費用を支払いました。
裁判に負けても、当然その費用は戻ってこないんですよね。
弁護団にも、なけなしのお金をむしり取られたようでたまりません。

平成電電は「利率が良い」ということで預けました。
弁護団は「被害と取り戻してくれる」いうことで預けました。
どちらもヒドイと、今は言いたいです。
それが裁判なんでしょうが、、、

今の日本の控訴の場合「原審通りの判決が出される割合が7割程度といわれている」らしいです。
審議もしてくれないそうです。
そんな難関を突破できるのでしょうか?


被害者さんへのお返事です。

> ヤマト運輸に確認しました
>
> お客様センターでは、2~3日位の遅延とおもわれますが、
> 正確には現場でないとわからないと返答。
>
> 現場のドライバー直通電話で確認すると、
>
> ドライバーは、何日遅れているのかも把握できず、
> 配達のめどが立たないのが現状との返答。
>
>
> HPの更新や報告なども怠る、7年近く掛った裁判も全面敗訴、
> ようやく書類送れば、遅延がわかっている方法で送る。
>
> 何をやっても、うまくいかない弁護団だなと、つくづく思いました。
>
> このような事件で全面敗訴なんて考えられない
>
> 結局、佐藤や熊本に対しても、我々被害者が全面敗訴した訳です。
>
> 簡単に言えば、
>
> 被害者は、佐藤や熊本に難癖をつけたとの、裁判所の判断となる。
 
 
》記事一覧表示

新着順:24/1291 《前のページ | 次のページ》
/1291