teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名 ※管理者の承認後に掲載されます。
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(2)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


いや

 投稿者:原付板管理人  投稿日:2017年 9月20日(水)21時38分10秒
編集済
  今は張り替える事のできぬFIシートだけど、いずれ
「リアショック取り付け部のワッシャー入れ忘れや、ワッシャーではさみこまずに付けてしまって
  軸がメリメリ食い込んだ変形傷のない美品のFIモンキーの張り替えベースシート」が
貴重になる未来が必ずやってきますぞ その時まで長生きしましょうぜ



なにしろFIモンキーはバッテリー交換するにも
新車の時点でバッテリーを入れるにしても、
必ず一度はシートを完全に外さなければならない

なのでワッシャー2枚で後部ブラケットをはさむ事を知らずに、
新車の時点でいきなり組みつけを間違えてめりこみ傷を付けられてたり、

リアショック軸にグリス塗ったついでに、
しっかりワッシャーも入れ忘れてる「新車のFIモンキー」も
そこらにけっこういるんじゃないかな

管理人はモンキーゴリラのシートのジャンク判定は まずこのワッシャー間違いの
めりこみ傷が無いかどうかで判定している あれば見た目は新品でも問答無用でジャンク判定

キレイな表皮を無傷で剥がす事を試みる
そしてその表皮は別のシートに張り替える


めりこみ傷が無ければ、どんなボロのベースでも サクサクに崩壊してなく
大きな根深い錆びの取れたあとに残るクレーターだらけにならないようであれば、
シートの後部を手でつかまれてベースのエッジが少しぐらい歪んでても
木槌でコンコンと叩き直し、塗装はがして花Gにドブ漬けして完全にサビ落としして、
2液ウレタン塗装でベースを再生させるぐらいの情熱を見せるよ


だから今のその張り替えたいFIシートも大事にとっといたほうがいい


手放すにしても「ここの2枚のワッシャー忘れのめりこみ傷がありません」というアピールをすれば
売却するときもスムーズに売れると思うよ

管理人が中古のキャブモンキーシートを、今ではもうほぼムリだが
クソオクで「新車外しです」しか買った事がないのは、ほぼ確実にここにめりこみ傷があるからです


しかも、このメリメリ傷があるかどうか質問しても、何の事やら理解できる人はいないに等しい

なにしろそんな事気にしない人たちばかりだから、
この世は後部ブラケットのメリメリ変形傷ありの中古シートだらけなのさ


キャブモンキーとゴリラは、車体によっては
今まで一度もシートを外された事がないのがあってもおかしくないが
FIモンキーは100% 納車の時点で一度シートは外される
なにしろバッテリーは最初、ミラーや説明書などと一緒に
別梱包の箱に入って工場からバイク屋に納車されるんだもんね

ついでにリアショックの軸にグリスアップする人もいるでしょう
なにしろグリスがハナクソほども塗られてないからね

その時ワッシャーも一応外す事だろう
でも戻し方は忘れちゃった・・・もともとどうだったっけ?

なんかワッシャーが余ってない?とか
ワッシャー入れ忘れたけどこれぐらいのワッシャーなんか無くてもいいか・・・
またシート外すのめんどくさいし・・・

この世はそんな人だらけなのでございまする


だからFIモンキーシートの後部ブラケットのめりこみ変形傷があるクソシート率は
キャブモンキーゴリラよりもはるかに高いはずですぜ


ちなみに先日管理人が入手したメッキモンキーの白いシート、
ワッシャーは当然のように一枚も入ってなく、ガッチリとメリメリしておりましたのでゴミ確定です
前側のブラケット切り取って今回のFIモンキーシートもどきに合うかどうかの実験で遊びます



FIモンキーのシートは確実に一度はシートを外されるってことは、
規定トルクなんか知らない人だったら
シートを戻す時にオーバートルクで袋ナットをガッチガチに締め、
フレームのおねじがすでにナメかかっててフレームはジャンク寸前ってのも
けっこうあるだろうな・・・

もしかしたら袋ナット失くして、ホームセンターでM10のピッチ1.5の
間違った袋ナットをむりやりねじこんでいるかもしれない

これはモンキーに限らず、カブでも何でもよくあり得る最大の恐怖
むかしエンジン目的でジャンク屋から買ったジャズもこれやられてた

だからFIモンキーの中古自体買いたくない
買うにしてもフレーム交換上等の気持ちで買わんとね

ほら、FIモンキーのサービスマニュアルにようやくここの注意点が載った
キャブモンキーのには載ってない

が、

サービスマニュアルはわざわざ買わなきゃいけないんだから
腕の悪いバイク屋がこれを知らずに
FIモンキーの新車で客に渡す前の時点で
いきなりやらかしてるFIモンキーは日本に絶対にあるだろうね

新車で買ったFIモンキー、自分で一度もFIモンキーのシートまわりをいじっていなくても
FIモンキーを持っている人、ワッシャー2枚でちゃんと挟まってるかチェックしてみようぜ
怖くて見れない? 見ろ 見なきゃいけないんだ 勇気を出して・・・

バイク屋に怒鳴り込む準備はできたか? ニュースにならないようにね





画像3は 774氏の質問の回答の続き

真横から撮影した画像がうまく撮影できなかったから画像はこれだけど
赤線のラインに注目 シートと4Lタンクの間のシルエットが美しい均等な角度を描いてるでしょう
これがたった2ミリのゲタの高さの違いでこうなる

タンクとシートの隙間の均等ぶりはこの写真では見れないけど、コレが大事なのですよ

(管理人の汚ねえツラがタンクに写り込んでいるので画像を一部消しております)
 
 

F1 シート

 投稿者:大重 てるたけ  投稿日:2017年 9月20日(水)21時12分28秒
  ネットさまよったら、何でも見付かると
思った、爺がばかでした。
ありがとうございました。
 

15ミリってのは

 投稿者:原付板管理人  投稿日:2017年 9月20日(水)21時08分44秒
編集済
  ここの事 「ブラケットの穴開け位置が元穴から15ミリずらし」ではない

少しぐらいズレててもモンキーのようなシートの後部ブラケットは
前後にある程度スライドできるわけだから
目分量である程度正確じゃなくても大丈夫なの タンクに干渉せずに合いさえすればいい


でも画像2のように、元のネジ穴の直径が6ミリだとしても
見た感じ 元の穴の中心から、今の穴開け位置のボルトの中心までは
まあ目測で10~11ミリずらしってところだな

まあ確かに画像1の事を言ってるにしても、確かにM8ボルト一個分ぐらいには見えるかもしれんが
正確にボルト一個分ずらして開けるとなると、
もしかしたらネジ穴がフレームの穴にほんの少し届かなくて泣くかもしれないから
そうなったらもうやり直しは効かない 泣きながら棒ヤスリで長穴にコリコリやるのさ・・・
長穴になるようにヤスリをかける事のなんと難しいことよ・・・


なので、ややシートが後ろに下がるように充分な余裕をもってこれぐらいにしたのです

それが「15ミリ」 15ミリも雰囲気で言ってるだけで 実際の寸法は知らぬ
13ミリぐらいかもしれないな

しかも画像1のこれ、なんできっちりとネジ穴の高さにしてズレぶりをアピールしてないかというと
ブラケットの反対側がサイドカバーステーに干渉してて、これ以上下がらないのよ
だから少し角度がついてる だからもう 穴あけ位置の決定は目測とカンでどうにかした


モンキーのシートはやや後ろにずらしても、
後部ブラケットがきっちりリアショックで挟めればいいからね

もしもモンキーのシートの後部が4Lモンキーのように
前後にずらす事が一切できないような構造であれば、
一発で決まるように ズレた穴と角度を正確に採寸し、三角形の計算をして
正確な位置を割り出して穴を開けなきゃいけないがね


あと、本当にボルト一個分の最小限のずらしで穴を開けると
この4Lタンクとシートの先端があまりにも狭すぎるので
シートをやや後退させなきゃいけなかったのですよ

読みはバッチリだったね


画像3は シートがやや後退するように、
かつ確実に合うように穴開けしなおした後で、
20ミリ高さの今の太いゲタカラーではなく、
もともとの細い付属の18ミリの高さのゲタカラーで仮組みした状態

ほら この時点でけっこう近いし、
もしもM8ボルト一個分の最小限のずらしだったら
タンクにシートが完全に干渉してしまう 良くて紙一重


管理人のネジ穴を開け直した位置でも 付属の18ミリカラーでは
タンクとシートの隙間ラインのシルエットもあまりキレイじゃないし、
付属のカラーだと、シートがすこーしばかり前に傾き気味なのよね



ってことで、レビュー2を少し加筆しておいたよ

ほら、上にいくほどタンクとシートの隙間が狭くなってる
このシルエットは美しくないねえ


だから20ミリの高さにしてシートの水平と、タンクとの隙間をもう少し確保して
シルエットも美しく合わせたわけです

たった2ミリの高さの変更だけど、これだけでだいぶ違うわけですよ
 

採寸方法

 投稿者:774  投稿日:2017年 9月20日(水)20時57分49秒
  ケチばかり付けるようで申し訳ないんですけど
15mmのズレってどうやって採寸しましたか?

>15ミリほどブラケットのM6穴をずらしてドリルで穴を開けなきゃいけないが

画像を見る限り15mmもズレてるようには見えないんですけど??
せいぜいボルト一本分ぐらいしかズレてないような気がします
 

交換用ブレーキパッド

 投稿者:原付板管理人  投稿日:2017年 9月20日(水)20時27分22秒
編集済
  一応 このトライク用のクソキャリパーの奴の用意はしてあるみたいだね


それにしても、田中ではモンキー以外のトライクキットもいくつかあるが
売り切れになってるってことは 他にも買った人がたくさんいるはず

なのにネット上での同型であろうトライクキットのお話は
ショップでの完成品の販売の案内とか
個人でも「モンキー用トライクキット付けてみた!」とか

製作途中で即あきらめたのか、
買ってみた報告はあってもその後の記事が全くないとか

せいぜいその程度の話で、管理人みたいな阿鼻叫喚で悪戦苦闘しつつも
ガチで立ち向かっているような途中経過の内容の話すら全く見られない


乗り心地とかそういうレビューもろくに見つからん
ショップで販売しているなら、店主が楽しそうに走ってみせているとか
そんな記事を書かずにはいられない面白ネタのはずなのにな

だってモンキーのトライクだぜ?
まともに走るならブログなりツイッターのネタにして
自慢せずにはいられないほど面白いに決まってんじゃん

なのになぜろくに乗ってみたネタがこうも無いんだ?
モンキートライクでお買い物~♪ 注目度バッチリ!とかさあ
少しぐらいはあってもいいはずじゃない?


せいぜいキャリパーの取り付け位置を参考にできた画像のブログで
ディスクブレーキまともに動かない程度の話ぐらいだな
でも走行レビューとか見つからないんだけど・・・
まあブログの形態によっては続きの記事の読み方が
非常にわかりにくいところも多いけどさ・・・


走っている動画は・・・まあいくつかある 楽しそうでなによりだ でも大丈夫?
少なくともネジ山の点検ぐらいはちゃんとやったのかしら?

公道を爆走しているけど、ほんとに50CC? うそばっかり
水色ナンバーは50CCまでのはずだぜ

それとも車両として軽自動車協会に届け出でもして
250CCバイクのカテゴリとか何かそんな感じのナンバー付けてんの?


みんな開封して分解点検せず、そのままおかしなところも強引に付けて
とにかくボルトナットは締め付けてハイ完成!にしてるんだろうか


リアショックの取り付け軸のおねじに
ダイスがけしたぐらいの話はあってもいいと思うんだけど・・・
ここは点検もせずにポンで付けるにしても避けられないところだしさ

おねじの精度が良くて軸に塗料もかかってなかったのか?


クソオクを調べてみると 今回の中華トライクキットの過去バージョンなのか知らんけど
ブレーキパッドの間に、こうやってスプリングが入ってるのも見つけた

これがもともとこうだったのか、
カブか何かのクラッチスプリングでも入れてみたのかは謎

フフッ まあ確かにこれのほうがパッドの開き戻りは信用できるかもしれねえ

モンキーのウインカーの中のバネでも入れてみたほうが
今よりマシかもしれないな




誰かこのトライクキットを使いこなしているサイトとかブログがあったら教えてね
 

ございませぬ・・・

 投稿者:原付板管理人  投稿日:2017年 9月20日(水)17時03分6秒
編集済
  FIシートはもともとのFIモンキーの数が少ないせいか
張り替え表皮作っても採算取れないんでしょうな・・・

Zシートのジャンクのベースをニコイチして張り替えを依頼した
シート張り替え専門業者のところも、
50CCは5000円からとか言いながらも

採寸用の破れ表皮を同梱しても
パイピングはプラスいくら 折り返し縫製がこうだからとか
布の分割パーツ数でいえば4つか5つに分かれてるからとかで
なんだかんだで結局は13000円ぐらいしちゃって
新品Zシートの値段と大差無かったよ

もし見本の表皮無しで写真から型紙作れとなると
とんでもない金額になる


まあ頼んだところの出来は確かにすばらしかったけどさ



破けたシートにかぶせるゴム付きカバーも無いみたい

だからFIシートに関しては新品買ったほうが安いね
色によってはまだ13000円前後だしさ


あと10年ぐらいすればFIシート用張り替え表皮を作るショップも出てくるかも・・・

ゴリラのまともな市販の張り替え用表皮なんて、
ゴリラ登場から35年ぐらいしてようやく今ごろになって初めて登場したぐらいだし・・・
 

F1 シート

 投稿者:大重 てるたけ  投稿日:2017年 9月20日(水)16時55分29秒
  ご教授 お願いします。
張り替えを考えています。
ネットをさまよっていますが、なかなか先日ご案内のような、
カバーが、ありません。ご案内頂けませんでしょうか。
 

今夜はコペンit

 投稿者:原付板管理人  投稿日:2017年 9月20日(水)15時39分3秒
編集済
  コペンのウォッシャー液を出すと
「ポォーゥ!」という甲高いモーターの異音がしたりしなかったりするようになってしまった

このコペンも12歳 そろそろ洋楽に興味を持ちだすお年頃?
一度はマイケルジャクソンにかぶれる時期が到来ってとこかい?



という冗談はさておき、

しかし、マイケルジャクソンのモノマネをしない普通のウォッシャー液の出る音の時もあるし
マイケルのモノマネの途中で普通のウォッシャー液の噴出音に戻る時もある

ボンネット上の噴出ノズルはボンネットを交換した時に新品にしている

※以前、かるーくフロントを他の車に駐車場でぶつけられた事があり、
   バンパーとグリルとボンネットを交換する事があったが
    ウォッシャーノズルは外して再利用しようにも爪が折れそうなので
      ノズルまでは保険対象外なので自腹で購入したのだ

   ついでにヒビの入ったバンパーグリルはノーマルなら保険で買えたが
    せっかくなので純正オプションにしてみたかったので、これも自腹
     これ高くてビックリよ 4万ぐらいしたよこんなのが ノーマルははるかに安い
      せっかくだからノーマルグリル新品をまずもらっとけばよかったかな・・・

あーこりゃめんどくさい症状だ
異音しっぱなしならしっぱなしのほうがハッキリしてるしね

しかし、マイケルのモノマネの異音時でも別にウォッシャー液の勢いも出始めっぷりも
通常状態と何も変わらない

おかしいのはたまにマイコーのマネをするようになっただけ


ウォッシャー液のチューブに汚れ詰まりでもあるのか
折れ曲がったりしている部分があるのか
それともウォッシャー液ポンプそのものが悪いのか

あまりウォッシャー液を出す事もないからポンプの動きが渋くなってんのかなと思い
まず、水道水を入れてウォッシャータンクがカラになるまで出し続けるを何度か繰り返したが、
一時的には良くなるが、それでもランダムにモノマネをやめない

(ウォッシャー液に水道水を使うと、ミネラル成分が固体化して詰まる原因になるのでダメよ)


ボンネットを開けてチューブを見てみるが、チューブ内部が汚れている様子もない
ウォッシャー液タンクにゴミなどが浮いている様子もない

はあこれは困った困った

コペンのウォッシャー液ポンプの交換をするべきなのかどうかも判断しづらいし
ポンプの値段も安くはないだろう そもそも交換が簡単にできる構造ではないっぽいぜ

バンパー外して、ヘタすりゃ左フロントフェンダーも外さなきゃいけないかもしれん
残念ながらネット上でも ウォッシャー液の噴出時の異音ネタや修理ネタも見当たらんから
参考にすることもできん

もしもおおがかりな外装外しとかがなく、ボンネット内の話ですむような
簡単に交換作業できるのなら 高くてもポンプの新品を買ったっていいが・・・

ポンプ交換のために他の部分を壊しかねん


お前はビートじゃないんだぞ コペンなんだぞ
いくらマイコーみたいな音出したって
今夜はビートイットってダジャレのネタにはならんのだぞ

マイケルのモノマネしながらも機能には問題ないなら
このままごまかしごまかしいくべきか・・・
このコペンの洋楽かぶれの時期が過ぎてくれるんだろうか?
 

FIモンキーシートもどき レビュー3

 投稿者:原付板管理人  投稿日:2017年 9月20日(水)14時31分22秒
編集済
  例えば建築物や橋の柱がこんな構造ではダメダメだわな
上下からの過重が交差している土台が許されるわけがない

というわけで、形としてはこうやって付ける事はできたし
シートベースも鉄だし、アンコもけっこうしっかりしてる 硬めのケツ感触ではあるがね
まああの4Lシートもどきよりはマシだ


このシートをもしもガッチリ付けたいなら
溶接で中空の鉄の箱を作り ネジ穴を開け
このカラーの代わりに入れなきゃいけないね

シートを解体しなくても、どうにかできないことはないが
どうにかするにはカラーやボルトだけじゃカンペキにはできん

なのででFIもどきシート おすすめできませぬ


付属のFIモンキーフレーム用のブラケットで
本当にFIモンキーにポン付けできるかは不明だけど、

FIモンキーを持っている人で、今の純正シートが傷んだからって
わざわざこんな中華FIシートもどきにしたい奴なんているのか?


FIブラケットのほうは 他の4Lシートもどき用や
純正シートなどのどのブラケットとも高さが合わず、
中心から切って2個に分け、ネジ穴開けて何かのシートを使えるようにする

という使い道にも、いまひとつ使えないね



というわけで FIシートもどき
5Lフレームにもまともに付きませんでした
ムリに付ける事もできるけど まあ壊れる事は無いかもしれんが
こんな過重の交差する付け方ってのは本来おかしい あってはならない事よ



これなんでわざわざ高さの足りないブラケットを
こんなカラーでゲタはかせて付ける方法にしたんだろ

素直に採寸しなおして きちんとしたブラケットならば
リベットの間隔がおかしなシートではあるけど、

シートベースは鉄でガッチリしてるし、ブラケットもリブ入りで純正なみに強く、
張り替え前提のカスタム素材シートとしては名品になれただろうに・・・



ふーむ・・・ジャンクのモンキーのシートから
ブラケット前側をベースから切り取ってきて
ネジ穴開けて付けてみるかな



っていうか今のこの状態 何モンキーなんだよ
ゴリラフォークとキャリアと、4LタンクとFIシートの合成獣すぎる
これならいっそFIタンクもどきを付けてしまえば色々とFIモンキーそのものになるだろうが、

中華タンクはこの4Lコピータンク以外、あの独自の給油口と粗悪なタンクキャップなので
他の中華タンクは買わないよ FIモンキーのコピータンクもあの給油口だし、サブタンク系もね


この4Lコピータンクは、ガソリンコックがホンダ純正のネジピッチとサイズとは別物ではあるが
給油口は純正キャップがちゃんと使える唯一のシロモノ
取り付け寸法もちゃんと合ってるからホントに4Lモンキーの補修に使える


しっかしなんでこうも中華コピーは どこかかしらまともに付けられない罠があるのか
本物と同じ寸法だと見た目が違っても偽ブランド品として訴えられるから
わざとやってんのかな?


見本写真だとリベットの間隔がまだマシだぞ
現物はこう 何なんだこの違いは!

5Lフレーム用と言いながら
見ての通り5Lフレームには加工しない限り絶対に付かないし
付けたとしてもムリがあって まあ管理人のようにやるのなら
少しは壊れにくいかもしれないが、こんなのは構造としてはあってはならない

FIモンキーには不可と言いながら、ブラケットも付いてきて
そっちはもしかしたら素直に付きそうな感じだし・・・やれやれだ
 

FIモンキーシートもどき レビュー2

 投稿者:原付板管理人  投稿日:2017年 9月20日(水)14時08分23秒
編集済
  寸法が合ってねーじゃねーか! シートの穴まで届かないよ!

どのみちタンクとの隙間もあまりにも狭く、
15ミリほどブラケットのM6穴をずらしてシートを少しばかり後退するように
ドリルで穴を開けなきゃいけないが
今度はそうすると、ブラケットの中心からあまりにもズレるため
ダメダメ設計の建築物の柱のようになってしまう

今回はあくまでもテストなのと、付属のカラーの高さ18ミリより
高さ20ミリのほうがいいと思ったので、田中4Lタンクを買うと付属してくる
M6カラーの高さ20ミリの太いの2個使ってみた

太くすることで少しでもこのダメ柱設計の耐荷重を上げてみたつもりだが
こんなもんダメに決まってる 根本的な解決になってねえ

(このカラーは5Lフレーム用4Lコピータンクで使うものなのだが
  4Lフレーム用の4L完全コピータンクにもムダに付属してくるので、余るのだ)
 

FIモンキーシートもどき レビュー1

 投稿者:原付板管理人  投稿日:2017年 9月20日(水)13時50分27秒
編集済
  さてさて 5Lフレームに4Lタンク搭載時には
FIモンキーのシートがサイドカバーの問題さえクリアできれば、一応は付く

という実験結果を踏まえ、
じゃあこの田中のFIモンキーシートもどき 5Lフレーム対応 FI不可とあるが

このシート使えば万事解決なのか?


さてどんなもんか見てみるか


まず、シートはブラケット前側が2個付属してくる
ブラケットの片方はFI用だな  右はキャブフレーム用・・・って なんか高さ足りなくない?

付属の袋に意味ありげな長めのボルトとカラー2個が入ってる


シートベースは鉄で、ガッチリしてるし
前側ステーの固定方法はM6のめねじ  うむ こうでなくちゃね
もちろんタップでめねじは一度さらうこと


で、リアショック取り付け側のブラケットは溶接
生意気にもしっかり純正なみのリブのプレス入りでただ90度に曲げただけではない!
こりゃ強度もバッチリでこいつぁ驚いた


FI用ブラケットにもリブがバッチリ しかも穴が4つあるが 2個はネジ穴用だが
シートベースの位置決めの突起に合わせられるようになってる穴だ


なにやら高さの足りない5Lフレーム用ブラケットは
ほんの小さいエクボ程度のリブが入っているが・・・



っていうか なんなのだこのシートのリベットの変な間隔は!



さっそく仮組みをしてみたけど
やれやれ ブラケットの穴位置がこうなもんだから
付属のボルトじゃ締められないじゃないの
ということで純正のクランクケース用の8ミリソケット頭のボルトに変更

付属のカラーは高さが18ミリ  生意気にも飾り削りも付いているが・・・



っていうか 無茶な付け方だなあ カラーをゲタにして高さ稼ぎには細すぎるだろコレ
まあまずフレームに当てがってみるか

 

まあなんであれ

 投稿者:原付板管理人  投稿日:2017年 9月20日(水)00時41分35秒
編集済
  ほんとーに走るのかな・・・スプロケを手で回してみて
こんなに重~く回るので大丈夫なんだろうか

チェーンがどこかにガリガリしっぱなしとかなるんじゃないかな・・・


ということで、
純正スライダーをはめてみたが、

一応こうやってはまるにははまるが、スイングアームの棒が太いので
専用ボルトとナットで固定する部分がピッタリ閉じる事ができず、
けっこう隙間が開いちゃう

ここはM6凸スペーサーと、M6カラー、長めのボルトとナットで
少々強引にでもチェーンスライダーを付けるつもり


このチェーンスライダー、ナットのすぐ右の細い部分が切れてるけど
わざと切ったんじゃなく、このチェーンスライダーって付けて半年~一年ぐらいすると
この細い部分にほぼ必ず亀裂が入ってきてこうなるんだよね
機能は損なわれないけど困ったもんだよ


スイングアームのナットはまだ締めてない
ホイールを付けて 1Gの重力がかかった状態で締める

まあこれは普通どのバイクでもそうだわな
 

ブレーキとか雪道とか

 投稿者:ぶーかー  投稿日:2017年 9月20日(水)00時18分55秒
  パッドグリスは塗っても塗らなくもどうでもいいと思います。
鳴き防止と言われてますが、効果があった記憶ないですよ。
面取りした方が効果あったように思います。
自分のには塗ったことないです。ダストがまとわりつくし、塗るの面倒だし。
溶け出してローターに付いたりするも嫌だし。

スライドピンのOリング間に塗るグリスは、ラバーグリスかシリコングリスが妥当です。
どっちでもいいんで、商売でもなければわざわざ買い分ける必要ないと思います。
この部分へのパッドグリスの使用は、ゴムへの攻撃性があるかもしれないので
注意書きを見てから使ってください。

私は作業中に目に付いたグリスを使っているので、スレコン塗っちゃうときもあります(笑)
(メーカーが指定している使用部位的にはNG)
スライドピンのグリスで重要なのは、ブーツやグロメットなどのゴムを侵す成分が入ってないってことです。
潤滑自体はたいして動くわけでもないので、錆びて固着しなければいいってレベルです。


>コウさん
実験のための整備は面倒なので(笑)
できれば何の整備もしたくないんですが、節約のためにやってるだけなので。
OHしたキャリパ組む時に、ピストンは引っ込めておくのが普通だと思ってるんで、
油圧回路をつないだ後に引っ込める理由がわからないです。
エアがより多く逆侵入しちゃうと思うんですけどどうでしょう?

あ、ブリーダー開けておくか閉めておくかってやり方の違いかもと今ふと思いました。


トライクが雪道(アイスバーン的な)用であれば、オープンデフだとスタックする危険が……。
LSDなんて売ってないでしょうし、溶接してデフロックってのもあれですよね。
どうなるかわかりませんが、むちゃくちゃ硬いグリスをみっちり入れておくってのはどうでしょうかね。
(その前に暖かいうちに一旦バラして掃除して、普通のデフオイル入れてしばらく走ってアタリとっておく)
ちょー硬いグリス+冬の気温+短距離であれば、オープンデフでもLSD入りっぽくなりそうな気がします。
てか、いっそのこと乗用型のクローラーを買って小型特殊で登録が最強かと(笑)
 

(無題)

 投稿者:コウ  投稿日:2017年 9月19日(火)23時10分58秒
  ぶーかーさん
>でも、キャリパOH後(≒新品)だとそんなに軽いとは知りませんでした。
>OH後ってピストンを引っ込めておくんで、油圧回路つないだ後に縮めるってことしたことなかったので。

一度車体からキャリパー外してブレーキパッド取って
ブレーキレバー握ってピストンを揉みだしてみてください
んで、中性洗剤と歯ブラシでお掃除 エアブローとメタルラバーでの潤滑も
これだけでもひどい放置車両じゃなければ手で押し戻せると思いますよ~
パッド交換のみの時もこれやっとくとピストンの露出した部分に付いたゴミが
中に入り込まないのでシールの寿命が延びるはずです。
 

ふむ

 投稿者:原付板管理人  投稿日:2017年 9月19日(火)23時05分6秒
編集済
  まあこのレースの件はおしまいにしようではないか
774氏の言いたい事はわかった

なんであれ、管理人は新品による確実と安心感が欲しいだけの話
不安の要素はわずかでもあってはならない
これはもう理屈ではなく 魂の納得

自分の魂の底から納得することは
全てにおいて優先されるべき事なのですよ


真ん中ボルトは片側に木や金属板を当てると
フレームの首のエッジにわずかながらでもダメージがあるだろう

だから、今回の打ち込みツールは2個使い、ボルトで締め上げる

これならば叩く回数も減り、状況によっては少しばかり強く叩く必要も格段に減るから
打ち込みツール2個の寿命は、普通に叩いて入れるよりも長持ちするだろうしね






さて、今回の中華トライク まずそもそも本当に走れるのか?
どれぐらい操舵性があるのか? ディスクブレーキまともに効くのか?
デフのニップルにはグリスを注入するべきなのか?
そもそもデフの中に何かしらの潤滑もの入ってんのか?

このまま走ってデフの中が鉄粉だらけ摩耗だらけどころか中で砕けて壊れないか?


いろいろな課題と疑問が渦巻いているが、今回のトライク製作には目的がある


それは冬場の短距離専用のスノーモービル的な乗り物が必要である という事だ

ここは雪国 冬はカブ用のスタッドレスタイヤを履いて郵政カブは走っているが
タイヤ交換はめんどくさいし、やっぱり雪道でバイクは無茶がある
モンキーのノーマルタイヤって意外と雪道を走れるんだけど
やっぱり転ぶ時は転んでしまう


「田舎はほんの300メートルも離れてないコンビニにすら車で行く マジで歩かない」
これはホントの話だ

しかし、そのごく短距離の移動で、どんなにゆっくり走ってても
テッカテカのアイスバーンで車が壁にドーン! 車はオシャカ
それを避けたいし、

エンジンかけるたびに窓の氷と曇りが溶けるのを待つのもうんざりだ
とくに夜中!朝方!



というわけで、今回のトライクの完成目標はこうだ


・エンジンは公道を走れる50CCであること エンジン関連はホンダの本物であること

・トライクの駆動はヘビーっぽいのでエンジンとクラッチに負担がかかりそうなので
カブの3速遠心で、スプロケは小さくローギアード気味にし、最高速はがんばっても45キロ出れば充分

・おそらくどんなにいじくりまわしても中華リアディスクブレーキはアテにならないので、
ローギヤードにすることでエンジンブレーキとフロントブレーキが主役になれるようにする

・軽トラの余った汎用12穴ホイールの12インチスタッドレスタイヤに市販のゴムチェーンを巻く

・キャリアにボックスを搭載


これで冬専用の短距離利用目的専用マシンを作れないかと計画しているのだ
(管理人は比較的町の中心部に住んでいるので、まわりにいろいろお店があるからね)


とにかく、ごく短距離の移動で大事な車を壊してしまう それが雪国の恐怖
どんなに自分が注意してようと、徐行してようと 相手が突っ込んでくるかもしれない

雪国の事故は 勢いよくドーン!じゃない ゆっくり走ってるのに
ブレーキをけっこう前から踏んでるのに ズズズズ・・・と
ゆっくりゆっくり車が滑りながら なすすべもなく壁や電柱が近づいていく
徐行してようと、ABSがあろうとなかろうと、ダメな時はダメ

縁石にフロントホイールがゴリッチョとぶつかり、フロントタイヤが斜めを向いちゃったならまだいい
フタのされてない側溝にタイヤが落ちたりはまだかわいいもんで

ヘタすりゃガードレールも潰しながら崖から車ごと転がり落ちていって死ぬ


アイスバーンで完全に操縦不能になったら、できることは祈るしかない

こんな事で自動車を潰したくねえ  かといってスノーモービルじゃ公道を走れねえ
中華4輪バギーは壊れたらどうする? 修理のノウハウもねえしパーツもねえ

今回のトライクキットが冬の救世主となり得るか?
使い捨てでもかまわん 一式で3万円しないしな

雪国ケッテンクラート計画と名付けよう



エンジンは夏のうちにソロエンジンを3つ仕入れてある
2万キロ走った奴を搭載しよう・・・はて

三つのソロエンジンのうち、150キロしか走ってないという超極上エンジン
15000キロのエンジン(富山まで取りに行った)、2万キロのエンジンなんだが、

どれがどれなのかわからなくなっちった・・・どうしよう
見た目はどれも同じようなヤレ具合だし・・・

確か150キロはマジックで印つけといたはずだけど・・・自信なくなってきた

そうだ出品時の情報には必ずエンジンナンバーの事と走行距離が・・・
ヤフオクの取引履歴もデータがすでに消えちゃってるじゃねーか!
最近ヤフオクの出品時の情報が完全に消えるの早いな

昔は一年近く出品時の記録と画像が見れたのにね


TRX90を入手して50CCにデチューンして公道走る?
スピードメーターどうすんだ


 

結論

 投稿者:774  投稿日:2017年 9月19日(火)22時20分35秒
  俺と管理人氏の話の食い違いは
管理人氏が角が丸まってるにもかかわらず使用後の形状を台形として話をしているのが原因だと思います。

結論として管理人氏の言うように今現在ギリギリ使える(使えた)状態なら研磨する事によって今以上の状態まで再生する事が出来ます、管理人氏の言うように研磨する事によってレースの径より小さくなる事は有り得ません
この結論でいいかな?



>バルブスプリングコンプレッサーの親分みたいなでかい奴
真ん中にボルト通したらダメなの??
これはM12だけどたしか同じようなヤツでM16もある
http://www.kaneshin.co.jp/products/productsd.php?icd=1000386
 

いや

 投稿者:原付板管理人  投稿日:2017年 9月19日(火)21時59分48秒
編集済
  そんなホームセンターで見かけるようなものなら謎じゃない

本当に乗り物用の工具という感じで真っ黒で
各種サイズの打ち込みサイズが上下二個づつ各種揃ってて
ちゃんとケースに入ってたね


でもよくよく考えたら、この純正の打ち込みツールは
手持ち叩き棒(役立たず)をはめるための穴があるんだから
ツール2個買って、長いボルトとナット2個を用意し、

最初のごく軽くはめこむのはハンマーで水平になるように叩き、安定したら
あとは上下からレースをナットで締め付けてじわじわ入れていけば
水平に入っていくだろうし、ドンガドンガ叩く必要が無くなるな

の前に、そろそろ新品フレームもせいぜい買ってもあと4個ぐらいだし・・・
そのために打ち込みツール新品2個をまた買ったろうじゃねえか!

なぜ今まで気づかなかったかな うーむ
 

シャコ万

 投稿者:ミニカー乗り  投稿日:2017年 9月19日(火)21時54分7秒
  > バルブスプリングコンプレッサーの親分みたいなでかい奴

シャコ万力でしょうか。
https://www.monotaro.com/s/c-27117/

これに金型を付けてベンダーを作っている人もいますね。
https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/w196606493
これ前から気になっていたのですが。
大きいモノなら、ちょっとしたプレス機くらいのパワーは出せると。

コマさえ作れれば、いらないステムシャフトに通して、
ステムナットを締めこむ、というのではダメですかね。
凝るならスラストベアリングを噛ませて。
一応、中華旋盤とカブのフレーム、新品ステムレースがあるので
試してみようかな。
 

プレス

 投稿者:原付板管理人  投稿日:2017年 9月19日(火)20時53分43秒
編集済
  フレームのレースをプレス機で打ち込むには
あの大きなフレームをどうやって安定させるのかのほうが大変そうだよ


昔、別のバイク屋で モンキーじゃないけど
まずは簡単に打ち込める上側のレースをフレームに打ち込みツールで叩いて打ち込み、
バルブスプリングコンプレッサーの親分みたいなでかい奴で
下側のレースをじわじわと締めこんではめているのを見た事があるが
その工具が欲しいんだけど 名前もわからんので見つからん・・・



あと、過去に何度かネタにしたことがあるが、知らない人もいると思うので
改めて注意をしておこう

ニードルベアリングの打ち込みだけど、
CDIモンキー系のケースのドレン側の、この部分の肉が非常に薄く、
プレス機を使ってニードルベアリングを押し込むと
ほぼ確実にメコリとこの部分がまーるくもげて取れてケースを壊してしまう


6Vポイントケースはフタのようなこの部分がなく、丸い穴なのでそうはならないが
ドレン側のニードルベアリングにプレス機の使用はマジで厳禁
ジェネ側なら一応プレス機やってもいいけど ほどほどに

ドレン側にニードルベアリングを打つ時は、最後のほうになったら
このフタ部分からベアリングのはまる底が見えるので、様子を何度も見ながら
ニードルベアリングが底付きしたなと思ったら、絶対にそれ以上叩いてはいけない


ベアリング圧入にはなんでもプレス機なら安心確実だと思ってはいけない
プレス機の力はハンマーの手叩きなんかよりもはるかに強いからね



ちなみにこのフタみたいになってる構造
なんてこんな構造になってて、小さな穴も開いているかというと

ここに凸型のパーツリストに載ってない「ミッション流用妨害の嫌がらせパーツ」が
カブ90のニードルベアリング時代のクランクケースであったHA02-13~台まで
ここにあった名残りなのです

「もしもカブ90のケースをモンキーの強化ケースにしたいなら
モンキーのミッションのカウンターシャフトの中心に正確に深い穴を掘ってみな へっへっへ
カウンターシャフトの硬い鉄素材に、手ドリルごときじゃ穴なんか掘れないぜざまーみろ」
というホンダの嫌がらせが過去にあったのです


かといってそもそもニードルベアリングは当時はバラで出なかったし、
その突起の嫌がらせパーツのせいでニードルベアリングをプーラーで抜くこともままならない


かなり前だけど、この嫌がらせと管理人が対決した事があったね

嫌がらせパーツの凸部分をリューターで時間をかけて削り取り、プーラーひっかけて
ニードルベアリング引っこ抜いて どうだこの野郎!30年後にこうなるとは思ってもいまい!
ざまみやがれというネタだったが、

そのニードル時代のカブ90ケースのドレン側は他の部分が破損しててクソだったので
まあそんなジャンクケースだからそういうネタやったんだけどさ
 

とりあえず普通の普通のグリスを黒棒に塗ってみたが

 投稿者:原付板管理人  投稿日:2017年 9月19日(火)20時38分52秒
編集済
  黒棒のはまるところにはOリングが4個ともちゃんと入っていた
あの切れてる謎のOリングはサイズも違うし やっぱり本当にストッパー代わりなのでは・・・


ブレーキパッドグリスと、棒に塗るグリス
どちらもブレーキパッドグリスでいいんだろうか?


今回、パッドグリスはもともと全く塗られていない
塗る事で少しは何かしら改善するかしら
まあどのみち塗らなきゃいけないんだろうけど

パッドグリス塗る事で量パッドがピストンと壁に軽くひっつき
カタつきが無くなるのかな?



やれやれ またスレコンをうっかりぶちゅーっっていっぱい出しちゃったよ
毎回毎回これ系の歯磨き粉チューブに入ったものは一度はうっかり踏んづけたり、
間違って手をついて潰してしまったりで4分の一は中身を無駄にしてしまう・・・

もったいないからコンビニのプラスプーンでぶちまけたスレコンの表面をすくって
ガチャポンの空ケースに詰めてジップロックの中に放り込んでおいたけどさ・・・

パッドグリスもそんな事になりそうな気がするね


とりあえずパッドグリス無しで仮組みしてみたが、最初よりは戻りがいいかな?

動きが渋いのは長い黒棒ではなく
パッドがはまる短い軸のほうにほんの少しばかり引っかかりがあるように思える
塗装に小さいゴミの粒でもあるのかもしれん

すこーしばかりペーパーかけてみるか こっちならシールとか関係ないしね


画像1は昨日のと同じだけど、
長棒のほうにも最初から塗装が削れている部分がある
こういう箇所があるってことは、軽くひっかかってる部分があるってことかな
これはやっぱり長棒にもすこーしペーパーかけてみるべきかな


カメラレンズの都合で画像では少し全体が曲がって見えるけど大丈夫っぽい 多分
 

レンタル掲示板
/553